あとじまこと作詞講座 〜物語のある作詞の世界〜 作詞の楽しさ、深さ、 歌が生まれる喜び 一緒に学びましょう。

物語のある歌。

 

初めまして。ぼくは作詞家 阿閉真琴(Makoto ATOZI A to Z )と申します。
今までに、平井堅『楽園』V6『ありがとうのうた』他、様々な歌を書く機会に恵まれてきました。

 

それらの経験を、これからの方々にお伝えしたいという思いから、この度、作詞講座をリニューアル。

人数限定で、より価値ある教室になるようリスタートいたしました。

ぼくが歌を書かせていただいた時代は、まだ音源の受け取りもアナログなカセットテープで

音楽がよく売れていた世の中でした。

そこにはロマンや夢がたくさん詰まっていたと思います。

 

あれは、ぼくが作詞家としてデビューして、2年目くらいのことでしょうか。

仲良くなった女流カメラマンが「母からもらった大切な言葉」として

一つの言葉を教えてくれました。それはこのような言葉でした。

 

「好きってことが才能なのよ」

 

ぼくたちは皆、それぞれに自尊心を持っています。

自分自身のことを重要な存在だと思いたい生き物です。

これは一人残らず、すべての人々に与えられた特性なのでしょう。

だからこそ、歌を歌ったり、演奏したり、絵を描いたり、

スポーツに青春をかけてみたり。認めてもらいたくて、世の中に何かの生きた証を残したくて自己表現に励みます。

それらの人々の中で、才能があって楽々と何かをこなしている人や恵まれているような人を見ると、

自分と比べてしまい悲しくなったり羨んだりしてしまうこともありますが、世の中は本来、

実に精巧にできているものであり、結局、努力が結果を裏切ることはまずないものです。

ぼくはそう信じています。

 

それでは、努力を重ねてゆくために、何らかの実績を生み出すために必要なエネルギー。

それはどこから生まれるのでしょうか。

 

カメラマンのお母さまが言ったように「好き」というエナジー。

恋愛も仕事も音楽も芸術もスポーツも原動力は全て「好き」というエナジーです。

 

だからあなたが音楽を「心から好き」ならば自分自身のことが「心から好き」ならば

そして出会ってきた人々のことが「心から好き」ならば、

それは、あなたには宝物のような「才能」があるということです。

 

そうして、あなたはこのページにたどり着いた。

ぼくの作詞講座の情報に出会ってしまいました。

もしかしたら、あなたが書く歌が次の時代を変えてしまうような名曲になるかもしれない。

またあなたが真剣にこの講座と向き合ったなら、きっと歌の書き方だけではなく

コラム、論文などの書き方についてのヒントや気づきも得られることでしょう。

それは必ずあなたの人生にとってプラスになるはずです。

 

この作詞講座はとても実践的でありながら、かなり独創的。

「毒」と「愛」をそれぞれ平等に歌に盛り込むことを推奨しています。

それらが自分自身や他者を癒すセラピーであると信じています。

燃えたぎる不条理の塊が少女性とロマンと結びついたとき名曲は生まれます。

 

今、ぼくは自主的な音楽活動は行っていません。

依頼があったときのみ、歌詞を書かせていただいています。

その代わりに、経済的な活動ではない場所でとインスタグラムを始めました。

曲がりなりにも18年間、歌を書いてきて気づいたこと、わかったこと、

宮本武蔵が著した「五輪書」ではないですが、

私なりの「作詞法」というものがあります。

この作詞講座では、あなたにその秘法を余すことなくお教えします。

 

あなたが歌を「好き」なのであればあなたにもきっと十分に、

名曲を書く資質があります。

好きだからこそ、人は学べるのです。オタクって本当はすごいのです。

 

作詞バカなぼくが、作詞のことだけを考えて

作詞を仕事にして生きてきた18年ほどの年月。

それらの日々の中で、手にしてきた作詞法をお伝えします。

 

人数限定です。是非、ご参加くださいませ。

 

初めて歌を書くという人から、現役のプロのシンガーソングライターまで

幅広く扉を開けてお待ちしています。

 

宜しくお願い致します。

 

作詞講座講師 阿閉真琴プロフィール

 

代表曲

平井堅「楽園」

V6「ありがとうのうた」おれパラ「眠るものたちへ」

嵐「トビラ」「ONLY LOVE」「Firefly」「嵐の前の静けさ」

NEWS「真冬のナガレボシ」等の曲の制作に関わる。

 

Lyric offering artist

 

平井堅、嵐、V6、NEWS、KAT-TUN、タッキー&翼、Hey! Say! JUMP、

SEXY ZONE、ジャニーズJr、Z-1、前川清、中村美律子、石川さゆり、宇都宮隆、神谷浩史

新井裕子、石嶺聡子、島谷ひとみ、安良城紅、BENI、TRIPLANE、藤木直人

中島由紀江、上原奈美、ESCOLTA、光永亮太、おれパラ、CHILDFOOD、NAMI、他

 

 

Makoto ATOZI オフィシャルホームページ

http://atozi.net

作詞講座受講の流れ

 

入会金と月謝は前払いになります。

(1ヶ月の受講システムは、基本2メール×2メールの4メールが基本になります)

 

月謝のご入金は、基本毎月月末になりますが

受講のスピードにより異なってくる場合があります。

こちらからの最終アドバイスメールをお送りしたのちに

次月も受講をご希望の際は、そのタイミングでお振込みをお願いしています。

また、途中での退会は自由です。

 

①カウンセリングと作詞のヒントPDFの送信

 

 まず作詞講座を始めるにあたって、簡単なカウンセリングを行います。

 ご質問内容を記した資料をお送りしますので、ご記入をお願いします。

 この講座では、お互いの身元の公開を前提として行われますので

 プロフィール、作詞講座受講にあたってのご希望等をカウンセリング致します。

 その後こちらより、作詞をする際のヒントを記したPDFをお送りいたします。

 

 

②まずは課題に沿った歌詞をご提出していただきます。

 

 生徒さんが作曲もできる場合は、曲先詞先のどちらでも受講していただけます。

 作曲ができない場合は詞先となります。

 まずは書いてみたいスタイルで、書いていただき、提出していただきます。

 

 

③アドバイスシートの送信。

 

 受け取りました歌詞に講師(あとじまこと)がアドバイスしたメール(3000文字以上)を送信いたします。

 ●歌に対する心構え。

 ●歌詞づくりのヒント。

 ●もっと良い歌にするためのアドバイス。

 ●良い部分を伸ばすヒント。

 以上の事柄を記したアドバイスシートをお送りいたします。

 

 

④再チャレンジ!

 こちらからお送りしましたアドバイスシートをもとに、再チャレンジ歌詞をブラッシュアップしてください。

 きっとこの作詞講座で教わるヒントは、あなたが今までに知らなかった、聞いたことのないアドバイスになることが多いことでしょう。

 

 

⑤最終チェックと総評

 

 講師より最終アドバイスシートを送信いたします。

 講師は基本的に批評が好きではないため、歌をより良くするためのアドバイスが中心になります。

 歌詞を書くという行為は一種のセラピーでもあります。

 ご自身の心の中を、想いを歌にすることで癒されてゆく。

 そして書いた歌のように生きてみたいと思えてくる。

 それが作詞の醍醐味でもあります。

 是非、一緒に楽しく、そして時には厳しく作詞を学びましょう!

 

 

入会金 10,000円

4メール講座 1ヶ月9,800円

SKYPE講座50分 5,500円(要予約)

 

 

作詞を学ぶ未来

 

この作詞講座では、プロアマを問わず生徒さんを募集いたします。

講師(あとじまこと)は多くのプロの現場で共作作詞を行ってきました。

それらの現場と同じように、あなたと共に、歌詞について考える。

それがこの作詞講座の特徴です。

(プロのアーテイストの場合、特定のプロダクションに所属のアーテイストは、

プロダクションの許可を受けてからご受講ください)

 

この講座では、多くの作詞講座がうたうような

コンペへの参加権やデビューの約束などということは行っていません。

ただしこの講座では、講師が実践して、

結果を得てきた作詞家あとじまことなりの作詞法を隠すことなくお教えします。

 

それは時代の感じ方。言葉の本来の意味。

Storyと毒の化学反応。愛の表現方法。

不条理の魅力的な描き方。

 

講師の今までの歌の仕事に対するアプローチにシンパシーを感じてくださる方にとっては

刺激的な講座になるであろうと確信を持っています。

 

講師 阿閉真琴はかなりの変人であります。

思考、生活スタイル、美学、話し出すときりがありませんが・・・。

この文章をお読みになっているあなたもきっと変人であると、

私は感じ取っています。

 

自覚はなくても、みんな本当は変人。

 

なぜなら自分は変人であるということを自覚しないと

本当に良い歌は生まれないと私は思うのです。

 

自分は変人でないと言えるとすると

それは自分はすごいと思ってしまっているとも言えるからです。

そうでなければ、普通であろうとして何かに合わせてしまっている。

 

普通な人が普通に書いた真面目な歌がおもしろいでしょうか?
一般受けする良い歌を書こうとすればするほど、魅力はなくなります。

確かにある意味で良い歌にはなるかもしれませんが・・・。


ぼく達が人生の中で脳天直撃、宇宙バク転ぐらいにインパクトを受けた歌。

それはきっと普通な歌ではないはずです。そうでしょう?

 

ぼくはこの講座であなたにも普通を超えたスタンダードを書く力を身につけていただきたいのです。

それがこの作詞講座の目指す未来です。

 

この作詞通信講座の生徒の中から、時代を動かすような存在感のあるソングライターが生まれること。

そんな未来を信じて、私の今までの作詞美学をあなたに託したいと思います。

 

ぜひ、一緒に作詞を学びましょう

 

 

 

 

 

 

作詞講座 メールコース2×2メール

作詞講座 Skypeコース

作詞講座 ご入会金

 

▽お問い合わせと受講申し込みは

下記のメールフォームからお気軽にどうぞ。

 

メールの送信だけでは受講は確定しませんので

ご安心ください。

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

Makoto ATOZI (あとじまこと)作詞講座〜イノセントな作詞の世界〜

HOME

(C)Makoto ATOZI